ニートがIT企業を目指す時に「英語」を学ぶ必要はあるか?ニートの英語就職について

f:id:AI-Intelligence:20171218133333j:plain

ニートがIT企業へ就職する時に「英語を学んでおく必要」があるのか?

 

結論から言えば必要ないです。

 

しかし、なぜか?という点を書いていきますね。

 

 

ニートプログラマーを目指す時に英語って必要か?

f:id:AI-Intelligence:20171208104107j:plain

結論は、いらないです。

 

・IT企業で0からプログラムの勉強を真剣にできるか?

・Word・Excelなど文章作成ソフトを使えるか?

・パソコンの前で仕事をし続ける体力があるか?

 

ここらへんの能力の方が重要だなと。

 

英語は「海外のリファレンス読まないといけないから、勉強しないと!」ということなんですが、そもそも1年目の新米プログラマーなら他にやることがいっぱいあります。

 

英語、というよりかは「社会人としての下地を作る」方が得策です。

 

ITエンジニアが英語を学習する点について注目したいこと

qiita.com

 

でも、なんで英語が必要かを考えたか?

 

と言えば、上記記事でエンジニアがドキュメント・最新情報を取得する時に英語で読み解く必要があるからと、ふと気づいたからです。

 

確かに、最低限のビジネス英語ができた方が良いんですよね。

 

Swift・RubyJavaScalaなどどこでも使われているプログラミング言語のリファレンス(言語を扱う際の説明書)は、英語で書かれています。

有志の人が日本語訳してくれているパターンもありますが、最新情報は常に英語。

 

 

その点から、今後エンジニア・プログラマーとした一段進んだ存在になるには、確かに英語が必要だなと痛感したので、記事にしています。

 

 

叩きたいAPIの説明記事も基本は英語だし、海外の情報探した方がわかりやすく書いていることが多いんですよ。

海外のサイトで学んだことをメモ書き程度に書いたサイトばかりになる傾向があるので、信憑性・情報の確度から英語のソースを探しています。

 

 

そんな気づきがあったので、ひとまず。