電車・バスの中でニートの将来に不安を抱えた。けど、どうすれば良い?

f:id:AI-Intelligence:20171219120108j:plain

電車やバスに乗っていると「誰もが会社・学校・職場」に行くために乗ります

 

ただ、ニートとしてはツライんですよね。

 

 

ニートが電車・バスの中で、将来の不安を抱えたら?

ニートだったころは、遊びまわっていたのでアレでしたが、いざ働こうと考えた時に「世間との圧倒的な差、というか、違い」をまざまざと感じました。

 

 

将来やべーなー。でもどうしたら良いかわからない。

 

 

周囲にはスーツ・学生服を着ている人たちばかりで、ふむ。

なんかすげー周囲の人たちとは違う人生を歩んできたんだなと・・・。

 

けれど、後悔しても何の価値もありません。

 

あーすればよかった。

 

こうすればよかった。

 

あの時あーしていれば、きっともっと上手くいっていた。

 

 

これって、すごい悩んでいてて、考えが止まっている時に起きる思考パターンです。

 

 

人は前にしか進めません。

 

過去の出来事をいちいち思い出して感傷に浸るのって、おじいちゃんおばあちゃんのすべきことなんですよ。

 

20〜30代のニートがすべき行動ではないんです。

 

 

そう考えると、あー悩むだけ無駄だ。行動してナンボだ。

 

 

そんな風に考えられるようになりました。

 

とある声優さんの曲を聞いていたら・・・

f:id:AI-Intelligence:20171219132244j:plain

参照 |ゲーマーズ難波大阪店

 

夢は叶った瞬間始まるんじゃない

そこに辿り着くことを決めた日に 始まっていると私は思うの

Ready Steady Go!より引用

 

これだなーと。いや、もうこれなんですよ。

 

 

ニートにとって就職は、手段でしかありません。

 

 

社会的信用・社会に属する・毎月お給料もらいたい・土日祝は休みたいなんてささやかな夢を形にするための行動です。

 

さらにそこからもっと自由に生きるために、ニートは就職したいのです。

 

当然、不安や悩みもありますけど、今よりよくなりたいんですよね。

 

その意味で、この歌詞はすごいなと。

 

 

もし、不安や悩みがあれば、水瀬いのりさんの楽曲を聞いてみましょう。

 

可憐で儚げなジャケ写が多いですが、曲自体はアグレッシブ前向きガールなのでおすすめです。

 

 

何でも良いから行動しなきゃ。サクッといますぐ!!!!

 

 

なんて思う時に、聞くと良いですね。