フリーター/ニートがプログラマーになる時の「年齢」はいつまで大丈夫?|20代ならOK・30代でも努力すればOK...(めちゃ死ぬ気でやればです)

f:id:AI-Intelligence:20171209132045j:plain

プログラマーを目指す時に気になるのが「年齢制限」はどの程度か?

 

基本的に20代はらOK・30代は死ぬ気ならOKという具合ですが、正直、適正がないなら年齢以前に無理なことも多いです。

 

 

1. ニートからプログラマーになる時の「年齢」はいつまで大丈夫?

f:id:AI-Intelligence:20171209133253j:plain

未経験でかつニートからプログラマーになれた時、僕の年齢は25歳でした。

 

 

新卒なら「入社から3年程度経過して、ようやくまともに仕事が割り振られる時期」で、転職市場でも価値が高まる年齢なので、正直無理だよね。なんて考えていました。

 

 

 

とはいえ、IT業界の圧倒的な人手不足と門戸の広さから、どうにか滑り込むことができたので「IT適正があって、未経験だけど0から成長する意思がある」なら、可能性は大きです。

 

 

 

(当然、20代なら誰でも入社できる...わけではないです。無理な人もいます汗)

 

 

20代の人が未経験から就職するには?

20代の年齢の場合は、資格・実務経験よりも「IT企業で真剣に働くんだ」という意思を伝えることが大事です。

 

 

多くの未経験OKのIT企業は「未経験から働き始める人に、多くのことを求めていません」から「0からきっちり仕事を通じて、素直に先輩と共に成長する」と感じを伝えられると良いですね。

 

 

資格で言えば「Linuxリナックス)資格」を取得しておけば、最低限のコマンドラインは使えると証明できますし、言語によっては一番簡単な資格を取っておくと「本気で勉強してくれるんだな!」と相手のIT企業も考えやすいです。

 

 

 

ポイントは「IT企業でしっかり成長できるの?仕事は社会人らしくできるの?」という疑問を多くの企業が持っていることを知ることです。

 

 

言い換えれば「入社意欲のレベルが高ければ、それだけ就職しやすい」と言えます。

 

 

30代の人が未経験から就職するには?

正直、難しいと多くのサイトで見たと思います。僕も同意見。。。

 

 

なんですが、まずは「ハローワークのトライアル雇用制度」を活用してみてください。

 

 

ハローワークのトライアル制度 〜

 

ハローワークのトライアル制度は「仕事のお試し期間を設けた雇用制度」です。

 

求職者は原則で3ヶ月のトライアル雇用で企業の仕事を経験、指導を受けることによって行きたい業界の仕事内容や経験を得られます。

 

トライアル雇用期間中は、賃金(給料)も支払われますし、トライアル後に企業と相談をした上で、実際に働いてた企業に正社員雇用されます。

 

 

・トライアル雇用の対象者

 

1. これまで就労経験のない職種、業務に就くことを希望する人

 

これ以外にも詳細があるので、詳しくはハローワークで確認してみてください。 

 

 

とはいえ、ハローワークは無料で求人が出せるのでから求人を出していることも多く、そのため、IT企業でトライアル雇用ができるかは運次第です。

 

 

下手にIT企業へ就活するよりも、一度働く経験をしながら就活した方が成功率が高まる可能性が高まるので、一度検討してみてください。

 

 

2. 仕事のブランク期間が長い・・・。ならどうする?

f:id:AI-Intelligence:20171209135059j:plain

仕事のブランク、つまり「離職していた期間」が長い人は、IT企業も不安を抱えます。

 

 

 

 ・休み癖が付いていて、あまり働いてくれないのでは?

 

 ・働く環境にすぐに対応できるのか?

 

 ・そもそも、働く意欲があるのだろうか?

 

 

 

ニート・フリーターをしていた時期でも、なんとなく時間を空費させていた。ではなく「失業中でも積極的に目的意識を持って、なにか行動していた事実」を示す必要があります。

 

 

例えば、親の仕事を手伝っていた。何かスクールに通っていた。新たなことに挑戦していたなどの行動していた事実が必須です。

趣味を極めていた...!!なんて話でも、それが仕事につながるような形なら良いですね。

 

 

しかし、ブランク期間中に意味もなく資格を取得していましたというのは要注意です。

 

 

仕事に生かすわけでもなく、ただ目的もなく資格だけをとる人を資格ホルダーなんて言いますが、まさしくそうした人に捉えられる可能性が大きいです。

 

 

そのため・・・

 

 

ブランク期間に目的があり、今後はより真剣に仕事をしたい!

 

 

 

こうした姿勢を伝えることが、極めて大事です。

 

 

3. 最後は運の勝負。だと思います。

f:id:AI-Intelligence:20171209141133j:plain

20〜30代からIT企業へは就職できます。それぐらいに人がいないので。

 

 

とはいえ、無責任なことは言えませんし、何より30代から動く場合はハロワを使い、転職エージェントを使いと様々なリスクヘッジを行う必要があります。

 

 

当然、20代からでも同様です。

 

 

選択肢は多く、良い結果を掴んでもらえれば嬉しいです。