ニートが選ぶべきプログラミングスクールはこれだ!|ホワイトIT企業へプログラムを学びながら就職する方法

f:id:AI-Intelligence:20171214112021j:plain

ニートだった僕がプログラミングを学びながら就職活動をしたい!

 

そう考えた時に感じたのが「本当にIT業界へ就職できるプログラミングスクールなんてあるのか?という疑問」でした。

 

今回はプログラマー・Webプログラマーへ「無料」で学びながら就活できるプログラミングスクールをお伝えします

 

 

1. ニートが使うべきプログラミングスクールはこれだ!

f:id:AI-Intelligence:20171211034945j:plain

ニートがIT企業へ就職する時に困るのが「実務経験なし・未経験OKのIT企業」にことごとく落ち続けることですよね。

 

いや、僕がそうだったので。。。

10社受けて10社ともから全く連絡がないのは、本当に地獄でした。あーこりゃ無理だなーと泣きそうな顔して家にいましたから。(親はうるさいですし。。。)

 

なので・・・

 

 

もし本気でIT企業へ就職したいなら「就職保証をしている無料のプログラミングスクール」を使ってみることを考えてみてください。

 

 

あてもなくただ「ネットでこれはいいじゃん?なんて思うIT企業の面接を受け続ける」よりも、よっぽど手っ取り早く就職できますから

 

ニートにオススメの就職保証&無料プログラミングスクール 

いま使えるIT企業へ就職できるプログラミングスクールだけ書きます。

 

WORKPORTエンジニアスクール  : IT業界未経験のエンジニア・プログラマー就職 / 転職率No.1

f:id:einginner-carry:20170820224046p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

就職サポート:★★★★★

無料でパソコン貸し出し : ★★★★★

エンジニア・プログラマー未経験から選ぶべきプログラミングスクールは『Workport』です。

 

スクール受講料は一切かからず、ニート既卒第二新卒プログラマー・エンジニア転職をフルサポートしてくれます。

 

無料で利用可能なパソコンも合わせて貸し出しているので、まったくの未経験からエンジニアに挑戦可能です。

 

f:id:einginner-carry:20170820224451p:plain

フリーターから未経験でエンジニアになった30代の方

 

f:id:einginner-carry:20170820224547p:plain

美容師からエンジニアへと転身を遂げた20代の方

 

未経験からどうして良いかわからず、悩んでいるならまずはWorkportで気になることを質問してみてはいかがでしょうか? 

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

(Workportエンジニアスクールは東京校へ通学できる人のみ利用できます。)

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。 

 

もし、プログラミングスクールに通えない場合は?

workportのエンジニアスクールは東京にしかありません。

 

しかし、全くの未経験からでも就職できるIT企業を本気で紹介してくれるので、いまどうして良いのかわからない。。。

 

そんな風に悩んでいるかたは、ぜひWorkportを利用してみてください。

 

プログラミングスクールに通うか迷っている人・不安な人向けアドバイス

f:id:AI-Intelligence:20171211040330j:plain

プログラミングスクールは受講料が高い設定になっていますし、独学でどうにかなるかもしれないと感じる人もいると思います。

 

僕もプログラミング学習を始める前はそう思っていたんですが、本当に就職・転職を目標にしているなら先生からきっちりと学んだ方が良い場合もあります。

 

なので、プログラミングスクールに通うか迷っている人、費用やお金どうしようかと悩んでいる人に知っておいてほしいことをまとめます。

 

1. workportのプログラミングスクールは「無料で大丈夫」

workportのエンジニアスクールは「無料」でお金を払わずに受講可能です。

 

当然、スクールに通う必要があるので「電車賃」「お昼代」などは必要になります。

この辺りのお金に関しては、自分で稼いでも良いですし、両親から一時的に借りておくのも良いですね。

 

結果的にエンジニア・プログラマーに就職した時点で少しずつお金を返して、親孝行をしていけば良いだけです。

 

 

僕が両親から交通費を借りた方法は・・・

 

エンジニアになって「働きまくって星野リゾートに連れて行ってやるから、いまだけ金を貸してくれ!」です。

 

どこかに連れて行く。というのが趣旨ではなくて「本気で就職に向けて行動する気があるんだな」と感じてくれたから、おかんやおとんがお金を貸してくれた。と、あとで教えてもらいました。

 

何事も勢いですね。

 

2. workportでは「パソコン」の貸し出しをしています

workportでは「パソコンを持っていない人」に対して無料でパソコンを貸し出すサービスをしています。

 

なので、やる気と身一つでエンジニアスクールに参加して、ガリガリプログラムを書いて行けば良いだけです。

  

3. プログラミングスクールに通うと「学習効率」が上がる

プログラミングスクールに通うと、独学でやった場合の数倍、数十倍という速さで学習することができるし、わからないことがあればすぐに質問ができる環境は本当にうれしいものです。

 

初心者でわからないことがあると、質問する内容も質問する方法もわからないまま、エラーが出ているコードを一週間くらい考えなきゃいけないこともあります。

 

そうなると、もうパッと解決策を思いつくか、同じ現象で困っている人のブログを探すくらいしか手がないんですよね。

 

けれど、プログラミングスクールに通えば学習効率をグンとあげることができるので、本当に成長したい。就職・転職したいと考えている人こそプログラミングスクールは一度検討してみると良いと思います。

 

それぞれのプログラミングスクールには無料カウンセリングもありますから、サクッと気になる質問を聞くだけでも大きな前進です。

 

4. 目的を明確にしてから選ぶ

プログラミングを学ぶあなたの最終ゴールを明確にしましょう。

 

エンジニアになっていっぱい稼ぎたい、自分のオリジナルアプリがつくってみたい、なんとなくプログラミングに興味がわいたのでやってみたい。

 

色々な目的によって選ぶべきプログラミングスクールの種類もおすすめの学習期間は大きく異なります。

 

プログラミングスクールの知名度や受講者が多いかどうかというのは二の次です。

 

就職や転職を考える人は業務レベルの知識や技術が学べる比較的長期間のスクールがより賢い選択といえます。

 

逆に就職ではなくとにかく自分のWebサービスをつくってみたいという人は短期間で費用を抑えられるオリジナルアプリ制作をサポートしてくれるスクールを選びましょう。

 

目的に沿ったスクールを選ぶことで費用が抑えられたり、いち早く目的の達成が可能になります。

 

5. あなたの性格も視野に入れる

あなたの性格も選ぶ基準の一つになります。

 

あなたはどんな性格やライフスタイルの持ち主ですか? 性格は家でも真面目にコツコツ学習ができるタイプなのか、家だとだらけるから外でちゃんと教室がないとやれないタイプなのか。

 

ライフスタイルとしては仕事をやめて平日も休日も学習する時間があるのか、仕事があって夜だけ通えるのか、平日は無理で週末のみできるのか等々…。 意地は張らず正直になることが大切です。

 

コツコツ自分で学習できる人はオンラインのみのスクールでも良いですし、家だとだらけてしまう…という人は通学タイプのスクールを選ぶことができます。

 

自分の性格やスタイルにあったスクールを選ぶことで費用対効果をぐっと上げることができます。

 

6. 無料体験・説明会には必ず行く

多くのプログラミングスクールは無料体験や無料説明会を実施しています。

 

オンラインのスクールも実際にお試しで受けたり、実際に足を運んで雰囲気やプログラミング学習の進め方が自分にあっているか必ず確認しましょう。

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

(Workportエンジニアスクールは東京校へ通学できる人のみ利用できます。)

 

Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。