ニートが就職するやる気がでない時にした対処法|漫画喫茶行ってました。

f:id:AI-Intelligence:20171209232619j:plain

ニートが就職するやる気がでない時にしたこと

 

 

ニートが就職するやる気もでない時にしたこと

f:id:AI-Intelligence:20171223020100p:plain

参照|干物妹!うまるちゃん2 84P目

 

干物妹うまるちゃんを読んでました.......汗。

 

ニートが干物妹うまるちゃん(天才)の漫画を読んでいるあたり、やべーな...と自覚はあったんですが、もうやる気がなかったのでずっとそんな感じです。

 

漫画喫茶(まんきつ)が近場にあったので、そこに一日中こもっては漫画を読み続けるだけの生産性0ダメニートライフを満喫していましたね。

 

 

もう、悩むだけ無駄なんです。経験から言ってダメなもんはダメ。

変わらないものは変わらないんです。

 

いや、対処法が知りたいんだが?

お前大丈夫か...?と思いましたね。

 

いや、結構これは心理で、他人がダメダメだとツッコミ入れられるんですよ。大抵。

しかし、自分ごとになると冷静さを失ってそのままドツボにハマる。

 

なら、いっそのこと全てを忘れて、漫画に没頭してみてください。

 

昼頃でて、漫画喫茶入り込んで夜中ごろでましょう。6時間パックとか生ぬるいです。

9時間とか12時間とかパックで取っておいてください。

 

 

漫画を死ぬほど読んで、寒すぎる外に出た瞬間、少しだけまともに考えられます。

 

あー何やってたんだろう。無駄だわ。と。

 

 

ここら辺でようやく「悩みを忘れて、冷静に考えることができるようになる」んです。

 

そこからは、行動です。

 

自分はダメだ。何年もニートだ。学がねー。経歴がねーとか色々考えると思います。

 

そっからはもうハローワーク行く・ジョブステ行く・サポステ行くの連続ですよ。

 

経験から言えば公共の就職支援は「支援だけ」

ここから、さらにニートの就職のやる気を削ぐ段階に足を突っ込みます。

 

今まで適当だったニートがハロワ行く程度で就職はできません。

電車代やら準備やらスーツやらで金が飛ぶけど、全然前に進みません。

 

これが地獄。無情に時が過ぎて行く感じがもうね。辛いのなんの。辛すぎる。

 

電車・バスに乗るのも面倒くさいし、いつ就職できるのかもわからない。

 

就職支援も「本当に支援だけで、企業も紹介してくれない。仕事もあっせんしてくれない」ので、自力で頑張るしかありません。

 

 

結果・・・ 

 

 

未来がどうなるのかわからない「無力感」が、常に心を刺し続けます。

 

 

少し出始めていたやる気も吹っ飛びます。顔も暗くて未来もドンより。ダメ。

 

 

こうなった時、僕は銭湯にいくか、満喫でした、

 

 

未来はどうとでもなる。今はうまくいかないだけ。

 

こんな風にニートの時は考えていましたし、いまもそうです。

 

f:id:AI-Intelligence:20171223021908p:plain

参照|成長曲線: 基町・安古市・祇園北進学専門個別演習塾 進学空間Move

 

ちょうど理想とのギャップに苦しんでいる段階です。

 

ゆえに「満喫に行って適当に過ごしたくらいの気楽さ」が大事です。