ニート脱出のためのIT企業就職に失敗しない方法|未経験からニートがit就職するための準備や考え

f:id:AI-Intelligence:20171202143903j:plain

ニート脱出のためにit企業へ就職してやる。

 

毎日、母親から「就職しろ、公務員試験うけろ」と小言を言われ続けて、決心した時にニート脱出、IT企業就職の方法をお伝えします。

 

 

1. ニート脱出のためのit就職術|求人サイト・ハロワは使わない

f:id:AI-Intelligence:20171202144114j:plain

ニートだった時にまず最初に決めたことは「ブラックIT企業なんかには絶対に就職してはいけないという強い決心」です。

 

 

知り合いのニートが求人サイトの「未経験OK・やるき重視」のIT企業面接に行った時に「1次面接に出てきたスーツでツーブロックの変な兄さんが、変なテストしてきた」

 

 

そして「どこかのIT企業に客先常駐として派遣してみて、そこで0からがっちり勉強すればすぐにプログラマーになれるよ!」という話を聞いて、あ、求人サイトはブラック企業の温床だと気づきました。

 

 

何社か面接を自分でも受けてみて感じたのは「総じてどこもブラックIT企業で、エンジニア・プログラマーを相手企業に売りつけ、企業へ人売りした利益で給料を支払っている」という事実です。

 

 

 

 

求人サイト・ハローワークを使って、相手IT企業がホワイトかわかりますか?

 

 

 

 

僕は当時、全くわかりませんでした。

 

 

今なら自社開発・受託開発を行う技術力のある企業を中心に、未経験でも働ける企業を探せば良いとわかりましたが、正直、0からのIT企業就職の時にはわからないことだらけでした。

 

 

相手企業を精査できないなら、面接にいくだけお金と時間の「無駄」です。

 

 

2. 採用面接が怖くて、IT企業に行きたくない

f:id:AI-Intelligence:20171202144635j:plain

ニート脱出はしたい。けれど、面接それ自体が怖いんです。

 

いや、これはニートの人はわかってもらえると思うんですが、ずっとニートをしているとスーツを着た面接官が怖いんですよね。

 

 

特に怖いと感じていたのは「面接官に学歴笑われたり、圧迫面接されたり、経歴を見てあ・・・。とか嫌な反応されないかな...?」ということでした。 (実際、初めてのIT企業ではこれよりひどかったですが...。)

 

 

ニートだったんだ...(汗

 

 

みたいな態度を取られ続けて、最後まで真剣に相手企業に向き合っているのに、いくら面接を受けてもダメかもしれない。

 

 

 

面接すら受けさせてもらえないかもしれない。

そう考えていました。

 

 

 

とはいえ、これは誤解です。 基本的にどんなIT企業も人が少ないですから「面接をほぼしてくれる」ものですし、「今時流行らない圧迫面接」とかしている企業は総じて「ブラックIT企業」なので、速攻で面接の場から逃げ出す。

 

 

 

適当にいなして帰ってしまいましょう。

 

 

3. ニート脱出したいが「履歴書 / 職務経歴書」に書くことがない

f:id:AI-Intelligence:20171202144517j:plain
これが一番の悩みでした。

 

 

履歴書・職務経歴書に書き込める内容がほぼなく、そもそも「職務経歴書(働いてきた経歴を書く用紙)ってどうやって書けばよいんだ?Wordで作成するのか?」なんてレベルです。

 

 

僕の場合は最初の筆記試験は通るけど、なぜか最終面接で何十社と落とされる経験をしているので、「働いた年数の少なさが大きなデメリット」になっていたのです。

 

 

 

経験から言えるのですが、 IT企業は「未経験から働いてくれる人に対して、技術ではなく、IT企業で真面目に0からコツコツと働いてくれるか?を採用の大きな基準」にしています。

 

 

 

プログラミングスキルではなく、社会人として最低限働く能力があるかどうかを、採用の判断材料にしているんですよね。

 

 

なので、試験結果が良い。面接が上手以前に「IT企業(うち)で最低でも1年は働いてくれるのかな...?」という疑問をもって面接官はあなたと対峙しています。

 

 

履歴書・職務経歴書はほどほどに、しっかりと相手企業で働きたい意思と姿勢を持つことがむしろ重要です。

 

 

4. ひとりで辛いニートこそ、誰かの手を借りて欲しい

f:id:AI-Intelligence:20171202143626j:plain

ニートの場合は前職の職務経歴がすくないので、転職をしているイメージが湧かずに転職サイト・転職エージェントを利用しづらいはずです。

 

 

疑問を持ってしまい一般的な求人サイトしか使うことができず、どうやって就職活動を成功させれば良いのか疑問を持ったまま行動してしまう人がたくさんいます。

 

 

でも、ニートからの就職活動でも「転職サイト・転職エージェント」は使っても良いのです。 転職に関する求人を多く扱っていても「未経験歓迎」に関する求人を狙うことで今まで以上に気軽に、また安心して就職活動に挑めます。

 

 

転職サイト・転職エージェント(就職の手助けをしてくれる企業)は、元派遣・元正社員の人専用だと勘違いするかもしれませんが「ニート・未経験への求人」を多く持っています。

 

 

 

特に、ニート(無職含む)の場合は、「面接対策」「履歴書作成」「職務経歴書作成」「志望動機書」「就職先を探す」「実際に面接を行う」と言った就職活動をする時に最低限知っておくべきことを知らない可能性があります。

 

 

 

この辺りの就職活動の基礎・基本を知らないままに就職活動をしなければならないのは、非常に辛く、どうして良いのかも分からないで途方にくれることも多いです。

 

 

 

でも、転職エージェント(就職の手助けをしてくれる企業)なら新たな職を探す時に分からないことを何でも教えてくれて、手助けしてくれます。 就職活動で辛い時こそ転職エージェント(就職を助けてくれる人)に頼るべきなんです。

 

そんな中で転職エージェント(未経験の人でも就職支援してくれる企業)に力を貸してもらって、就職活動の基礎からキッチリと学んで活動しました。

 

 

すると、数回の企業面接ののちにプログラマー(PG)の正社員採用を獲得しました。

 

 

だからこそ、ニートからITエンジニアへと就職したい人は求人サイトや転職サイトではなく、転職エージェントを使ってみて欲しいんです。

 

 

3. プログラマーit就職ランキング〜ベスト3〜

f:id:AI-Intelligence:20171202143626j:plain

プログラマーに就職した僕が、本当に使えるIT業界に強い就職・転職支援サイトをお伝えします。

 

 

求人サイトで出会ったIT企業がいきなり「ブラックIT企業」だった経験から言えることがあります。

それは、プロがフィルタリング(調査)した求人でIT企業を狙うことの重要性です。

 

 まずは、自分にあった支援サイトを一つ選び、そのサイトを中心に求人情報を探すことをおすすめします。

 

 

第1位.就職Shop : フリーター/ニートプログラマー就職 / 転職率No.1

f:id:einginner-carry:20170920203511p:plain

フリーター、ニート、中退、既卒、高卒、第二新卒、社会人経験なしでも、書類選考がなく、履歴書で落とされることない。

学歴や資格じゃなく、人柄や意欲を評価するIT企業に正社員就職できる就職Shopです。

 

 

僕が初めてプログラマーを目指した時に利用した就職エージェントで、低学歴(千葉の私立大学)卒業でも、プログラマーとしての能力を磨ける良い企業を詳しく取材した形で紹介してくれます。

 

 

就職shopは、ほかの求人サイトと違って良いIT企業を転職エージェントが直接教えてくれます。

出会える企業も研修(最低でも1ヶ月は行う)もしっかりしていて、ブラック企業で働きだすということがありません。

 

 

特に「面接対策」「就職試験対策」「履歴書作成」「職務経歴書作成」「志望動機書」「就職先を探す」「実際に面接を行う」「相手企業の面接官へあなたをアピールする」と言った就職活動で行うべきことをすべてサポートしてくれます。

 

 

正社員採用が良い。ブラック企業はいやだ。パワハラモラハラ・過労死なんてもってのほか。求人サイトは使いづらい...。

 

 

そんな風に感じているなら、就職shopを1度は利用してみてくださいね。

f:id:einginner-carry:20170920204825p:plain

 

また、就職shopは「東京 新宿 銀座 西東京横浜千葉 埼玉 大阪神戸 京都」を中心に就職・転職支援を行なっています。

特に「東京・新宿・銀座・千葉・埼玉」と首都圏に住んでいて、未経験からプログラマー・SE・エンジニアを目指しているなら1度は就職shopは利用する価値があります。

 

第2位.WORKPORT  :20代正社員プログラマー就職 / 転職率No.1

f:id:einginner-carry:20170804230240p:plain

未経験だけど、プログラマー職で働いてみたいと感じているなら、僕も利用したことのあるWorkportがお勧めです。

 

 

エンジニア職として正社員採用できたのもWorkportの転職アドバイザーが親身になってくれたからです。

 

 

当時の僕は正社員採用にこだわっていたので、Workportのオフィスに行ってみて真剣に転職アドバイザーの人に話を聞きました。

 

 

そこで、未経験でもエンジニアのいる企業を紹介してくれるWORKPORT に登録をして、オフィスで真剣に面談をしてから、志望している企業面接に臨みました。

 

 

もし就職・転職で迷っている未経験の方ならWORKPORTで正社員就職・転職してみて下さい。

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。

 

 

第3位.WORKPORTエンジニアスクール  : IT業界未経験のエンジニア・プログラマー就職 / 転職率No.1

f:id:einginner-carry:20170820224046p:plain

エンジニア未経験でどうして良いのかわからない方こそ『Workport』です。

 

 

スクール受講料は一切かからず、既卒第二新卒のエンジニア転職をフルサポートしてくれます。

 

スクールではプログラミングする時に利用可能なパソコンも合わせて貸し出しているので、まったくの未経験からエンジニアに挑戦可能です。

 

f:id:einginner-carry:20170820224451p:plain

フリーターから未経験でエンジニアになった30代の方

 

f:id:einginner-carry:20170820224547p:plain

美容師からエンジニアへと転身を遂げた20代の方

 

 

未経験からどうして良いかわからず、悩んでいるならまずはWorkportで気になることを質問してみてはいかがでしょうか? 

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

(Workportエンジニアスクールは東京校へ通学できる人のみ利用できます。)

 

また、Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。