フリーターがIT系資格を取るとIT企業へ就職できる?プログラマーエンジニアを目指すなら必見

f:id:AI-Intelligence:20171228024339j:plain

フリーターがIT系資格を取るとIT企業へ就職できるのか?お伝えします。

 

 

フリーターがIT系資格を取るとIT企業就職できる?

フリーターがIT系の資格を取得すると「IT企業へ就職できるのか?」

 

答えは・・・No(ノー)です。

 

IT企業が必要としている未経験人材には「0から真剣に成長する姿勢・考え」を求める企業が多く、資格ホルダーは必要とされていません。

 

基本情報技術者

応用情報技術者

HTML5プロフェッショナル認定試験(Web資格)

 

これらの資格を未経験のうちから取得して「やる気がある!自己アピールに使いたい」と感じる方は多いはず。僕も当時はそうでした。

 

しかし、資格はあくまで資格。知識が最低限あることを証明はしても技術があることを証明はしてくれません。つまり、必要条件であって十分条件ではないのです。

 

未経験からプログラマー・エンジニアとして就職するのに必要なこと。

 

なんでも良いから手を動かして「技術を身につける努力をした過程」を面接官に見せてあげることです。

 

簡単なWebサービスを作成して、Githubに乗っけて、URL取得してgoogle検索に引っかかるようにしておきます。

ユーザーのデータ保存もできて、DBをいじれてLinuxコマンドライン)も少しは触れることをアピールするのも良いですね。

 

こんな感じで「できることを証明するなら制作物を作成した方が手っ取り早いです」

 

有料・無料のプログラミングスクールでは制作物必須

プログラミングスクールが増えすぎていますが、どこも「IT企業へ就職、転職させたい受講者には制作物を作らせています」ので、もし、スクールに行かずに就職したいなら、今すぐ何か作り始めた方が賢いです。

 

 

けれど、何かを作るなんて難しい。どうしようもない。作り始めたけどなんか難しい。どうやって課題を設定して正解を導けば良いのかわからなくて困っている。。。

 

 

これは誰もが通る道です。

 

この時点で自らどうしようか?と悩んだ上で行動できない人は、IT系の適正がない可能性が高いでしょうね。

 

でも、IT系に進みたい。学びの場さえあればどうにかなるはず・・・

 

それなら、無料のプログラミングスクールに通ってしっかり学んでください。 

WORKPORTエンジニアスクール  : IT業界未経験のエンジニア・プログラマー就職 / 転職率No.1

f:id:einginner-carry:20170820224046p:plain

おすすめ度:★★★★★

求人数:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

年収アップ率:★★★★☆

転職サポート:★★★★☆

エンジニア未経験でどうして良いのかわからない方こそ『Workport』です。

 

スクール受講料は一切かからず、既卒第二新卒のエンジニア転職をフルサポートしてくれます。

 

スクールではプログラミングする時に利用可能なパソコンも合わせて貸し出しているので、まったくの未経験からエンジニアに挑戦可能です。

 

f:id:einginner-carry:20170820224451p:plain

フリーターから未経験でエンジニアになった30代の方

 

f:id:einginner-carry:20170820224547p:plain

美容師からエンジニアへと転身を遂げた20代の方

 

未経験からどうして良いかわからず、悩んでいるならまずはWorkportで気になることを質問してみてはいかがでしょうか? 

f:id:einginner-carry:20170916185435p:plain

       Workportエンジニアスクールは東京校通学できる人のみ利用可能

未経験から就職可能なIT系の会社が豊富な就職支援サイトです

 

Workportでは「横浜名古屋福岡大阪TECH大阪」の地方にて就職・転職希望の人たちに対して就職支援を行なってくれているので、是非近くのWorkportを利用してみてください。 

 

資格はいらない。技術を身につけて就職する

f:id:AI-Intelligence:20171228024323j:plain

無料・有料のプログラミングスクールに通わなくても就職はできますし、資格がなくても、技術さえあれば就職、転職は未経験から可能です。

 

資格を取得している間は、勉強している気がしているので安心できますよね?

 

けれど、技術を学ぶときは常に未知でわからないことだらけです。

 

言語固有のエラーがガンガン出てくる

フレームワーク固有の書き方しないとすぐ怒られる(エラーがでる意)

言語に合わせたプログラムの書き方が意外と面倒

 

ここら辺を実地で理解して処理できる人が仕事ができるようになります。

けれど、本を読んでいてできるようになるか?と言われればそんなことありません。

 

 

本に書いてある内容は、答えつき問題集でしかありません。

 

 

しかし、実地で行う開発現場には答えがぶら下がっている問題はありませんから、自ら課題を設定して解決して行く必要があります。

 

この違いを理解すると、資格ではなく技術を学ぶ必要性が身近に感じると思います。

 

フリータープログラマー就職したい方はご覧ください。