ブラックIT企業を辞めたあとはどうなるの?ブラックなIT系の会社で使い倒されたエンジニア・プログラマーの末路

f:id:AI-Intelligence:20171228022402j:plain

ブラックIT企業を辞めたあとはどうなるのか?お伝えします。

 

 

ブラックIT企業を辞めたあとはどうなるの?

ブラックIT企業で社畜&奴隷として働き、残業代ももらえず土日祝日休みなく働いた後に残るのは「汚れた経歴」と「ボロボロになった体と心」です。

 

1年働いたIT企業を辞めた後

僕が1年くらいブラックな会社で馬車馬のように働き続けて、もう無理だなと思ったときは「心が折れて家から出ることもできない状態」でした。

 

正直、無駄な人生を歩んでしまったと後悔ばかりで「コンビニバイトでもしようか?」「今から転職、就職なんてどうしたら良いのか?」と悩んでばかりいました。

 

働いてばかりだったので貯金が少しはありましたし、1年働いていると自主退職でも失業手当をもらえるので、それでどうにかなりました。

 

その時点で感じていたのが、もうブラック企業に入りたくない。という気持ちです。

 

 

正直、無理かなと。

 

 

コンビニバイトでもして、時給700円くらいの人生を歩んで行くのでも良いかもしれないと思い始めていました。

 

しかし、良い企業で働きたい。

 

そう感じることの方が多くなり、やっぱり「IT系の会社で、技術力を身につけてから再就職するしかない」と決意しました。

 

ブラックIT企業に落ちる人たちの大半は、技術力もなくIT企業に就職してしまうからあんな地獄に行き着きます。

 

反対に、ある程度技術力さえあれば問題ないんです。

これが、大きな違いです。

 

SES系派遣の企業には就職したくない

SES(エンジニア派遣)の企業に再就職はしたくないと思っていたので、スクールに通って再出発するか?もしくは、ハロワの職業訓練に通うか色々と考えていました。

 

エンジニアと言っても「ほぼ何もできない人」や「ネットワーク・DB系の技術・知識が少しだけある」など様々だと思います。

 

プログラミングスクールにも有料・無料がありますが、大別すると・・・

 

無料のプログラミングスクール|SES系・受託系のIT企業が多い

ビジネスマナー(社会人スキル)を土台に未経験でも就職できるようなIT企業へ就職、転職させることが大きな目的です。

 

これらの企業はエンジニアを他社へ派遣することでお金を稼いでいて、ほぼブラックIT企業で働くことになるので、注意が必要です。

 

有料のプログラミングスクール|自主開発・受託開発のIT企業が多い

エンジニアとしてのスキルをきっちりと身につけてから、自主開発サービスを運用しているIT系の企業へ就職、転職することが大きな目的です。

 

これらの企業は自社で開発をするので、最低限の技術力、実務経験がなければ働くことができませんから、未経験からだと就職、転職できない傾向にあります。

 

プログラミングスクールの有料・無料にはこれらの大きな違いがあります。

 

無料でも良いからいますぐIT系の企業へ就職したいなら、ホワイトなIT企業を紹介してくれるWorkportがおすすめです。

 

しかし、技術力を持ってエンジニアとしてきっちりと働きたいと感じているなら、有料のエンジニアスクールに通うことがおすすめします。

 

ブラックIT企業を避ける方法をお伝えします。