ブラックIT企業でITドカタ(奴隷)にならないための転職エージェント(プロアドバイザー)の使い方

f:id:AI-Intelligence:20180117201057j:plain

ブラックIT企業地獄に落ちないためには「転職エージェント(プロアドバイザー)」を活用する方法が効果的です。

 

 

ブラックIT企業でITドカタ(奴隷)にならないための転職エージェント(プロアドバイザー)の使い方

f:id:AI-Intelligence:20180113194420j:plain

僕は始めてIT企業の求人を転職サイトで探したらブラックIT企業に出会いました。

 

その経験から「不特定多数の求人が掲載されている転職、求人サイトはブラック企業に出会う確率が高く、精査されていない企業ばかり面接をする羽目になる」と考えています。

 

WantedlyIndeedなどでもその傾向はあり、一般的に「未経験からIT企業へエンジニア・プログラマーとして就職活動をしている人」の場合は転職エージェントが精査した企業を中心に就職、転職活動をすることが重要です。

転職エージェントが良い理由

転職エージェントを利用する企業は・・・

 

転職者一人あたりに100万以上のコスト(調査費用)をかけて求人募集している

入社後にすぐ辞職された場合、転職エージェント側が企業に手数料返金している

転職者からも「企業の内部事情」をそれとなく知れる

 

といった理由があります。

 

転職エージェントは無料で利用できますが、その際に必要とされる諸経費はあなたが転職した企業が転職エージェント側に支払っています。

 

そのため、転職エージェント側も死ぬ気で良い企業を紹介したいですし、入社して1週間で辞職されるとその間にかかった費用もろもろが全て負債に変わります

(転職エージェントにもらった費用を返金するため。)

 

これらの点から転職エージェントを通じて良い企業を探させ、未経験からでも働けるだろう企業を見つけてもらう苦労を代替させるのは、良い転職、就職活動だと考えます。

 

大きなお金が動く場所だから「安全・安心」が手に入る

f:id:AI-Intelligence:20180123135430p:plain

一般的に転職エージェントを経由して企業が人材採用した場合は「年収の約30%程度」を企業側が支払う仕組みになっています。

 

 

年収300万 x 30% = 90〜100万(転職エージェントの収益)

 

 

これを聞くと転職エージェントがぼっているなら...!!と感じたと思いますが、正直、お金を払うのは企業ですし、個人としては「金払いの良いホワイトな企業だ」と確認できるのでむしろ良いと思います。

 

当然、転職エージェントは無料で利用できるので使い倒す勢いが大事ですよね。

 

入社3ヶ月〜半年以内で辞められてしまうような企業については、 企業側の受け入れ態勢・会社としても問題があることも多々あります。

 

影響が非常に大きい返金制度があるからこそ、 転職エージェント側も入社後の定着まで考えて案件を紹介していて、ブラックな実績のあるIT企業は紹介を差し控える傾向にあります。

 

企業側としては安い費用です

エンジャパンの記事によれば、ある企業調査で・・・

 

新卒採用年間採用費用|約692万円 / 1人あたりの採用コスト約55万円

中途採用年間採用費用|約561万円 / 1人あたりの採用コスト約40万円

 

企業で営業だけど採用担当。。。みたいなことを経験した人はわかると思いますが、想像以上に企業は人材獲得に費用をかけていて、そのための必要となる諸経費はお金・時間など様々かかります。

 

それらの雑多な要素を排除しながら、一定の条件に見合った人材を紹介してくれる転職エージェントを活用するのは当然と言えますよね。

 

なぜなら、その方が企業は楽チンで下手な費用をかける必要が減るからです。

 

人材を増やすことも大事ですが、現状の収益構造を維持、拡大するために基本的に企業は存続しています。むやみに求人を展開してよくわからない人ばかり面接していては機会損失ですし、時間の無駄。お金の無駄です。

 

IT人材は100万人程度いるが労働人口から見たら2%にすぎない

f:id:AI-Intelligence:20180106143747j:plain

IT人材(エンジニア・プログラマー)と呼ばれる職業は、日本の労働人口から見るとたったの2%程度しか存在しません。さらには、AI・機械学習スキルを持つ高度IT人材に関してはさらに少なくなる計算です。

 

これらの点からも、エンジニアは不足していると言えますね。

 

けれども、その実多くのブラックIT企業が未経験から働きたい20代〜30代の人間を捕まえてはブラック企業に投げ込んで荒稼ぎする悪い収益構造もあります。

 

以上の点を踏まえながら、転職エージェントをうまく活用して良いホワイトIT企業で働きら出してくれることを願っています。